軟骨のすり減りではなく慢性のひざ痛の理由を一緒に考えてもらい元気に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

56歳男性の方、仕事柄、若い時から変形性膝関節症と診断され、軟骨が減っているので一生痛みが取れないのではと苦痛でした。週単位で症状のちょっとした変化にも対応して、体調がよくなりました。漢方を服用して一年後には、痛みをほとんど感じない程度までとなりました。趣味の古武道をまた出来る幸せは言葉になりません。有り難うございました。と言うご相談。

一般に変形性膝関節症は関節軟骨がすり減った状態が何年も続く方や、完全に軟骨がなくなり下の骨(脛骨)の表面が露出してしまう方もいます。こうなると、とても痛みます。ただし関節軟骨には痛みを感じる神経はありませんので、軟骨がすり減っても痛まないはずです。

では、ひざの痛みはどこから来るのでしょう?

①は急性期に起こる関節炎の疼痛です。関節軟骨がすり減る時に、削れた軟骨の破片が粉となり関節包の内側の滑膜を刺激して炎症が起こります。膝がはれたり熱を持ったり水が溜まったりします。

②は厄介なのは急性の関節炎が終わった後も、綿々と痛みが続きます。この慢性の疼痛は、関節の中ではなく、主に関節周囲の袋や、腱、筋肉で起こる痛みです。関節包は徐々に線維化し、以前より硬くなってきます。一般的に、ケガが治った後の傷アトは、硬くなるのと似ています。

漢方では『通不則痛』と言い、硬くなってしまったために「血」の栄養を細胞に運べなくなると痛むと考えます。体質により個人差がありますが、どうしてそのようになってしまったか一緒に考えましょう。

参考・独歩顆粒(独活寄生丸・細粒)、補陽還五湯、冠元顆粒、婦宝当帰膠、疎経活血湯、芍薬甘草湯、?苡仁湯、桂枝加朮附湯、五積散 他多種。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です