漢方に興味はあるけれど、という方によくある質問をまとめました。

相談前のご参考にどうぞ。






質問
漢方薬の予算はどのくらいですか?


それぞれの漢方薬局により予算の目安は異なりますので、お問い合わせ下さい。
また、あらかじめお客様のご予算を教えていただければ、その中で最良の漢方薬をお選びいたします。
ぜひご相談ください。







質問
保険は使えますか?


漢方薬局にある漢方薬は「一般用医薬品」 であるため、保険は適用されません。
しかし、確定申告で医療控除が適応する場合がございます。
漢方薬局では、病院などで処方される漢方薬(医療用漢方製剤)と同じ処方の製品もございますし、
医療用にはない中国伝統医学(中医学)理論によって作られた生薬製剤(中成薬)を取り扱っています。







質問
予約は必要ですか?


基本的に必要ありません。初めてのご相談には約30~60分ほどいただく場合がございます。
すべてを一人で相談、調剤をしております。電話もかかりにくい時がございます。
ご来店前に、もし日時のご希望をご相談くだされば、なるべくそえるよう考えます。
もし、先に他のお客様の対応している場合は、お待たせしてしまうことがありますので、
その時はご了承くださいませ。







質問
漢方薬は飲み始めてからどのくらいで効果がでますか?


漢方薬は長く飲まないとき効かないイメージがありますが、漢方薬を効かせるのに、
食事の食べ方やちょっとした生活習慣を変えていただくだけで大変よく効くことがあります。
また、同じ病名でも10人いたら10人全部違うくすりが漢方薬です。

例えば急性病では、風邪など急に起こった症状に対しては、タイミングよく漢方薬を飲みますと
早く効果があらわれます。

一方、慢性疾患など長い期間を経て体のバランスが崩れた場合は、体調(体質)を改善するために、
まず3ヶ月、場合によっては半年、1年、2年が目安となることもあります。
それも、生活習慣や観念などの考え方持ち方で、体が早く大きく変化することがあります。







質問
漢方薬は煎じ薬の飲みにくいイメージがあります。


煎じ薬は煎じるのが手間であったり、味の面で苦手とされる方も多いようです。
そんな時は、煎じ薬の他に、散剤・顆粒・丸剤・錠剤・シロップ剤など様々な剤形があり、
以前より飲みやすくなっております。
漢方薬の味と作用は関係があり、例えば苦い味の漢方薬は熱を冷ますものが多くあります。
体が必要として欲しているときは、あまり苦く感じないものです。体に合っているときは、
スーッと飲めてしまいます。逆にどんなにこれだと思っていても一口、口にして、まずければ
いくら飲んでも体に合わないのです。







質問
日常生活のカウンセリングなどもしてもらえますか?


漢方相談はひとりひとりの症状や体質、ライフスタイルに合わせた漢方薬をお選びするだけではなく、
じっくりとお話を伺いながら、食事や睡眠など生活習慣の改善のお手伝いもいたします。
医療機関で話せないことがほとんどで、漢方のこと、健康のこと、何でもお気軽にご相談下さい。